OTAQUBE ヲタキューブ

日常のリアルに役立つ知識の宝庫。ヲタキューブ

地域密着型の副業ビジネスモデルは数多く存在する。とくに田舎はいいかも。

      2015/11/23

 地域密着型の副業

地域密着型の副業とは?僕のやりかた

 

地域密着型の副業って、なんなの?という方もいらっしゃるかもしれません。知育密着型とはそのまんま、地域のことです。ビジネスは副業でいいんですよ。本業とも呼ぶかもしれません。線引きはあいまいですが、仕事をやりながらでもできるので、タイトルは副業としておきました。

 

なぜ地域密着型の副業なのか

地域には強みがあるんです。文化や名物など地域の特性はたくさんありますよね。地域の人しかしらないローカルフードや工芸品など、いろんなものがあります。だけど、最近では安価で良い製品が手に入る時代になってきました。飲食店なんか、どこに行ったって、おなじものばかり置いてますよね。たしかに、おいしいものはおいしいですが、飽きません?そういうものにダメージを与えられて、地域の良さが失われていっています。これ、うまいんだけどなー、あそこのお店つぶれっちゃったなー、とか思ったことありませんか?そうやって良いものを見過ごしてしまうんですよ。そんな心があるなら、地域密着型で良いものを売っちゃいませんか?広げませんか?

 

どうやって地域密着型の副業をやるのか

まずはお店の店長や店員さん、オーナーなどと仲良くなりましょう。そして、感じてることをすべてぶちまけましょう。そして、自分ができることをぶちまけましょう。それで、できることがあればいいじゃないですか。成果報酬でいいんですよ。僕は、老人の多い街の遺品整理業社さんの集客代行をやっています。それこそ、地域密着型のお店で、地域最安値で回収業務をやってくれます。老人の多い地域って困るんですよ。いざというときに。そんな有料業者がもっと良くなってほしいな、という思いから仕事をさせていただくことになりました。

 

どうやって仕事にしていくか。少し悩むところ

お客さんとビジネスの関係って難しいような。。。。そう思ってはいませんか?

逆ですよ。関係性があるし、お客様は神様っていうじゃないですか。そうなんです、お客様っていうのは立ち位置がいいです

 

知り合いや友人とビジネスをするって揉めるんじゃ・・・そう思いませんか?

提案のしかたや、中身が悪いから揉めるんです。お互いWin-Winになる提案をしましょう。

 

 

どうやって仕組みを作るか

これは僕の実例であり、いろんな方法があるかと思いますが、僕が一番やりやすいのは既存のサービスや商品を売ることです。月に報酬がいくらとか、そんなことはいいんです。売れた分からいくらもらう。こんな単純なことで大丈夫です。例えば、FAXでダイレクトメールを送って注文があったら1件につき5000円でもいいんです。当然、取引先は注文が来たら儲かるので、嬉しいですよね。お金をかけずに、いっぱい注文をとってきてくれて、注文が成約した分だけお金を払う。もしくは、お客様を連れてきてくれた分だけお金を払う。(集客代金)これって、お互いに損がないWin-Winの取引ですよね。農家なら、農家の余って捨てるような野菜を加工して製品化し、販売した代金をシェアするというやりかただと損がない。どこか、損するんじゃないか、なんか引っかかる・・・というような取引をするとたいがい気まずくなるか揉めます。簡単なことからはじめてみましょう。

 

本業があるから好きなことできないじゃなくて、あなたはどうしたい?

本業があって、本業が楽しいとか、お金がたくさんもらえるとか、今の生活が・・・なんて人はたくさんいると思います。今の仕事をやめる必要なんてないんですよ。本気でやるからやめる!というのであれば、それはそれでいいですが、2つの仕事したいならやればいいし、中途半端な気持ちでやめるならやめたほうがいいと思います。ただ、【自分のやりたいことで稼ぐ】これが、とにかく大事だと思います。はじめは、お手伝いでもタダでもなんでもいいと思います。自分が何をやりたいのか?お前はどうしたいんだ?お前の理想はなんなんだ?を自分に問いかけてみてください。そうすると自ずと答えは見えてくると思います。

 

最後に。地域密着型の副業に限らず

これは僕のやりかたであり、ほんの一例です。大事なことは、自分に正直に。自分がわからないなら、自分がなぜそう考えるのか?を分解していくこと。そして、理想に近づけるためにはどうしたらいいか?を考えて実行していくことだと思います。ソフトバンクの孫さんみたいに大きなスケールの夢かもしれませんし、ちっぽけなことかもしれません。僕の場合は一生かけてこれを成し遂げる!というよりかは、自分のマインドに従って、いろんなことがしたいタイプなので。地域密着型の副業は本気で取り組める良い実例だと思います。ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

 

ブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 - 副業