OTAQUBE ヲタキューブ

日常のリアルに役立つ知識の宝庫。ヲタキューブ

2021年ごろ?日本に税理士がいなくなる時代がくるかも?

      2016/05/19


なぜこの記事を書こうと思ったのか?

この記事を書こうと思ったのが、人口130万人のエストニアという国の情報と、最近話題になっている日本のマイナンバー制度を掛け合わせた時に、日本の将来はエストニアという国に近いものになるのではないか?と想像できたからです。なぜ税理士がいなくなるか?は後述しますが、まずはこのエストニアってどんな国やねん!?という方がほとんどかと思いますので、簡単にご紹介させていただきます。

 

ここがエストニアでーす!めちゃ綺麗な街並み!

エストニア、正式名称エストニア共和国はEUの加盟国で人口が134万人の小さな国家です。大阪市の人口が260万人ぐらいなので、それよりも小さな国ですね。日本の規模でいくと、福岡市の140万人に近いぐらいのイメージです。

746538acb4e88b6d_l

 

 

エストニアの首都はタリン。

e0096003_21524638

こちらが、エストニアの首都タリンの写真です。タリンの街は昔ながらの街並みを残しながら成長しています。世界遺産に登録されている城跡なども多数で、お洒落さと観光名所がコンパクトにまとまった地域と言えるでしょう。公用語はエストニア語ですが、英語が普及していてほとんどの人と英語で話ができるようです。治安はさほど悪くはないようですが、ヨーロッパ特有のスリや置き引きがあるみたいなので、注意が必要でしょう。

 

ということで、ここからが本題です。エストニアの何がすごいのか?

ズバリ!エストニアという国は、制度や仕組みにおいて日本をはるかに凌駕しているということです。まず、母国語のエストニア語と英語のバイリンガルがほとんどという驚愕の事実。おばあちゃんでも英語が話せるらしい。そして、国家のIT化が他国に比べて非常に進んでいるところです。

エストニアでは【eガバメント(電子政府)】という各行政機関、国民を1つのデータベース上で結合させる「x-road」というシステムをクラウド上で構築しており、国民はICチップ内蔵のIDカードを保有しているため、IDカードの情報をデータベース照合して、セキュリティーを確保しながらも各サービスを受けられるわけだ。

これが日本なら税務署、年金事務所、社会保険事務所、労基署、ハローワーク・・・国と地方自治体までも・・・全てが独立しているわけだが、エストニアでは、これらの関連性がデータベース管理されており、なんど国家のID入りSIMカードを活用することで個人情報をスマホからも閲覧できるということらしい。すげぇな!エストニア。

 

 

エストニアでは、なんと!国が個人の銀行口座の動きまで把握している。

エストニアの国家は、ただ銀行口座を把握しているわけではなく、クラウド上で銀行口座のデータから預金出納帳が勝手に生成されて、個人や企業まで税金が自動的に引き落とされる仕組みになっている。ということで・・・税理士や、会計士はエストニアから淘汰されてしまったのだ。といっても、少数の会計士はいるだろうが、税理士は必要ないですよね。

 

 

日本は何を目指しているのか?まず、そもそもマイナンバー制度とは?

マイナンバー制度とは平成27年10月に導入予定の行政の効率化を目指して、個人に番号を割り振って管理しまーす!というものです。マイナンバーが導入されると、個人情報が番号によってデータベース管理されて、税金の支払い、社会保障、法定調書など個人情報がマイナンバーでやりとりされる時代がやってきます。いろんな情報が徐々に統合されていき、2021年には銀行口座にマイナンバーが適用されます。

 

 

日本は思いっきりエストニアを真似してる!?

そう思いませんか?実際に日本はエストニアの後追いをしているというのが正確なところかと思います。だって、全く同じシステムなんだもん。ということですが、おそらく日本は国家として大きいですし、行政が独立しまくっているので、2021年に税理士がいなくなる!かと言われると謎ですが、少なくとも2021年には日本でもマイナンバーが銀行口座と連動する予定ということで、いろんなことが想定されますね。マイナンバーで銀行口座が、国家に監視されるようになると、個人資産の差し押さえリスク、課税報酬を申告してなかったのがばれたり、そう考えると銀行口座から他国の口座にこっそり移したりとかいろんなことが起こりそう(笑)

まあ、国家として国家の財産を管理するということは全うなことですし、これが確立されると税制が変わるでしょうね。そして税理士はいなくなる。今でも会計Freeeやマネーフォワードなど個人事業主の確定申告レベルだと税理士不要状態になっていますよね。というのが、あくまでも私の想像です。将来のことなんてだれもわかりませんから。

 

 

ながーい文章でしたが、閲覧いただきありがとうございました!!!!

 

 

 

Why did I write this article?
I thought to write this article, and of the country of a population 1.3 million people of Estonia information, when multiplied by the My number system in Japan, which has become a hot topic recently, Japan’s future close to the country of Estonia do not become? Because we can imagine. Why will be no tax accountant? Although later, First any country Ya me this Estonia! ? Because I think that little or anyone who, you will be easily allowed to introduce.

Estonia, official name the Republic of Estonia is a small country population of 1.34 million people in the EU Member States. Since Osaka population is about 2.6 million people, it is a small country than that. And go in the Japanese scale, is an image of about close to 140 million people of Fukuoka City.

Estonia’s capital Tallinn.

Here are photos of the capital Tallinn of Estonia. The city of Tallinn is growing while leaving the old-fashioned streets. In many well as castle ruins that are registered in the World Heritage Site, will it can be said that the fashionable and attractions were together in a compact area. The official language is is Estonian, seems to be able to talk with most of the people and the English English is not widespread. Security does not seem to be much worse, but because such like there is a Europe-specific pickpockets and luggage thief, you must be careful.

So, from here it is the main issue. What is amazing of Estonia?
Fittingly! Country of Estonia is that it was far superior to Japan in the system and how it works. First of all, the fact of astonishment that most Estonian and English bilingual native language. Even grandma seems to speak English. And, it is where the IT of the nation is in very advanced compared to other countries.

Each government agency that [e Government (e-government)] in Estonia, has built a system called “x-road” to bind people with on one of the databases in the cloud, people possess built-in IC chip ID card because you are, the information of the ID card and database collation, but not it is also subject to each service while ensuring the security.

This is the tax office if Japan, the pension office, social insurance office, Rokisho, but it not all … even the Hello Work … countries and local governments are independent, in Estonia, these associations is database management cage, apparently the fact that the personal information by utilizing the ID containing SIM card of many times the state can be viewed from the smartphone. A Wow! Estonia.

In Estonia, what! Country knows until the movement of the individual’s bank account.
Estonia of the nation, not just not know the bank account, are deposits journal is freely generated from the bank account of the data in the cloud, is a mechanism that tax is automatically debited to individuals and companies there. … Tax accountant and in that, the accountant he had been culled from Estonia. Also to say that, but it will have a small number of the accountant, it’s a tax accountant is not required.

Is Japan what are you aiming at? First of all, the first place the My number system?
And My number system with the aim of streamlining administrative scheduled for introduction in October 2015, individuals and management allocate a number Mars! Thing called. When My number is introduced, personal information stored in a database managed by a number, payment of taxes, social security, personal information such as the legal working papers is coming era to be exchanged in My number. Various information is going to be gradually integrated, in 2021 will be applied my number in a bank account.

Japan is big time has been imitating the Estonia! ?
Do not you think so? In fact Japan is I think the exact place of that have a chasing after the Estonia. Because, mon’m exactly the same system. But is that, perhaps Japan is to big as a nation, because the government is earnestly independent, it will be no tax accountant in 2021! Or if is said to be, but is a mystery, that it at least The 2021 schedule My number to work with a bank account in Japan , I many things is assumed. Bank account in the My number is, when it comes to be monitored in the nation, foreclosure risk of individual assets, or Barre that did not declare the taxable remuneration, various Toka or transferred secretly to other countries of the account from so think and bank account it is likely to happen (laughs)

Well, It is legitimate is that to manage the nation’s wealth as a nation, I guess this is change is when it is established tax system. And tax accountant will not have. I think you have become a tax accountant unnecessary state that it is the final return level of individual business owners, such as now, even accounting Freee and money forward. Because is the last of my imagination. Anyone because I do not know My God of the future.

It was a long sentence, but it was Thank you for reading! ! ! !

 - ニュースインデックス, ビジネス情報